朝、目が覚めたら布団の中で軽い運動を行ないます。10分程度で身体がスッキリと目覚め、身体も暖まります。私は熟年ですが、60歳過ぎてから自発的に始めて、10数年年毎日欠かさず実行していて、その為か、今も病気も無く健康に過ごしています。

先ず、仰向けの状態で深く深く呼吸三回、次に顔や頭を軽くマッサージをしたり、叩いたり。次は手を伸ばしてむすんで、ひらいて行いながらほどよく振り回す。次は腕肩を上下動させ、ぐるぐる回しで動かし、次は首を右左に捻る。

次は手の平を後頭部に添えて体を充分伸ばし、踵をつっ張りながら腰を上下させたり又、右と左に向きかえって同様に上下に振らせる。その次が肝心で、仰向けの姿勢のまま脚を軽く曲げ、腹筋の屈伸運動を20回、終わったら踵を使って腰、腹部を浮かせる背筋運動。次に上半身を左に20回、同じく右に20回捻るように屈伸運動を行う。

今度は、体をうつ伏せになって腕を伸ばし、体全体を伸ばしたり、反返ったりを数回。そして、次に膝をまげて四つん這いのワンワンの姿勢で腕立て伏せ10回、次に腕立て伏せをしながら首を左、右に10回ずつ交互に捻る。次に首を左から右から、2回ずつグルグル回す。

これをすることで、毎朝スッキリとした目覚めができるのですから健康のためにもこれからも継続していきます。

中学生のときの思い出は毎年の体育祭でしたね。

赤、白、黄色、青の4つにチームが分けられているんですが私がいた赤のチームは、毎年優勝争いをするチームだったので体育祭の応援練習も凄かったですね。

夏の暑い日に合同練習の他に、居残り練習もあるので脱水症状になる子も多かったですね。先生達も熱かったですが先輩のほうがもっと熱かったですね。凄く一生懸命だったなと、その時の先輩は厳しかったですね。

でも、その先輩達の熱意が乗り移ったのか私達下級生も絶対優勝するんだ!という気持ちが、いっぱいだったので、あまり暑さも気にならなかったですね。毎年そういう応援練習をしているので体育祭の時期になるとだんだん気持ちも高まっていきます。

前年の優勝したチームには負けたくないので、もちろん競技も大事ですが他のチームが横で練習していると気になって逆に燃えますね。

一番醍醐味なのが応援合戦で、先生達の前で披露するんですがここでどれだけ、みんなが一生懸命に頑張って応援しているかというのと、あとは衣装にも凝っていてそれは3年生の団長と副団長だけがその服を着れるんですが、その年の話題になった人の衣装やモノマネも披露して頑張っていました。

みんながこれに一生懸命になってるので体育祭の最後はグッタリしてましたね。